スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レベル 1/72 デ ハビランド D.H.2

De Havilland DH-2_01

レベル 1/72 デ ハビランド D.H.2です。

実機については、後でお話することにして

まず、キットの紹介です。

近年になってeduardから新製品が出るまで

1/72スケールでは随一、これしか無かった物です。


骨組みだらけのような機体ながら

よくキット化したとは思いますが

レベルの第一次大戦シリーズの中では

いささか、組立の難しい部類に入ります。





De Havilland DH-2_05

後発のeduardの方は新しいだけに、よく考えた作りになっていて

レベルよりは組立安いと思いますが、値段がレベルと倍以上違う

デラックスキット?で、部品点数も多いです。

これから買う人はeduardの方がいいかも知れません。


ただもう少しお金をたせば、同じeduardの1/48スケールの

デハビランド D.H.2が買えるので、迷うところですね。





De Havilland DH-2_02

モールドは翼の羽布張りの感じとか、

のっぺらとしたeduardよりも、良く質感が出ています。

部品点数も少なく、見た目のプレッシャーは無くて

とっつきやすいので今回はレベルを作ってみました。





De Havilland DH-2_03

デカールは古い物なので

印刷の発色、質ともよくありません。

最近のドイツレベルから再販されているものは

イタリア製の非常に質の良いデカールが付いてますので

これから買う人には関係ありません^^;。





De Havilland DH-2_04

組立説明書





De Havilland DH-2_06

胴体が無くて、コックピットに主翼や尾翼を付けたような

おもしろい形^^。機関銃とプロペラとの同調装置を

持たなかった連合国側の苦肉の策で発動機を後ろに

持ってきたのが大きな特徴ですね。


この前部胴体にあたる部分が分割されたパーツに別れていて

組んだ後、ややパテを盛ったりと整形する必要が出てきます。

塗装はすべて筆塗りです。





De Havilland DH-2_07

組む前にあらかたパーツを全部塗装しておきます。





De Havilland DH-2_08

尾翼の3色国旗マークも筆塗りで済ましてしまいます。

スケールをあてて3分割し鉛筆で下書き線を入れておきます。




De Havilland DH-2_09

溝引きというガラス棒と筆を、お箸を持つようにして

溝付きの定規にあてて線を描きます。

筆塗りの場合、テーピングでやるとテープと接着面の間に

塗料が回り込むことがあるのでやりません。





De Havilland DH-2_10

プロペラもそれらしく木目を描いてみましょう^^。

とりたてて凝った塗装でもないのであっというまに

進みます。多少のムラや線のゆがみは気にしないw。

(次回に続きます)


スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

おはようございます^^

とても丁寧なペイントですね^^
確かに線引きや、木目も考えると
仕上がりが違いますもんね

続きと完成を楽しみにしています♪

こんにちは^^

>レイさん
いつも有り難うございます^^
自分は楽な方向で気楽に作っているので
上級者のモデラーさんから見ると物足りないかも知れません^^;。

でも、今のプラモデルは難しすぎるような気がします。
昔のプラモは玩具に近いものだったかも知れませんが
作りやすくて、楽しい思い出がたくさん有りました^^。
プロフィール

toragoro

Author:toragoro
趣味のプラモデル作りの徒然日記です^^。 下手で、ものぐさで、あまり作らないお気楽マニアですが 興味だけは失わず長くやっています。 どうぞ宜しくお願い致します^^。

最新記事
BLOG RANKING
押していただけると励みになります^^
人気ブログランキングへ
ブログランキング【くつろぐ】 にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あし@
Myブログリンク
toragoroのサブブログです


友達リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。