スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レベル 1/72 デ ハビランド D.H.2 2回目

DH-2_2_01.jpg

デカールが古いうえ発色、質共、良く無いので
塗装ですることにしました^^。
何か適当な汎用のデカールがあれば良いのでしょうがね。

マスキングしてエアブラシを使うのもめんどうなので手塗りします。
国籍マークの直径とか、寸法出ししておきます。




DH-2_2_02.jpg

製図用の烏口コンパスというのを使います。
左側に有るのは直線を引くときに使う烏口ですね。

高校生ぐらいの時に買ったものですが
いまだに、精度良く使えます^^。
製図器は英式ですね。




DH-2_2_03.jpg

りんかく線を描いて後は筆で塗りつぶすという方法です。
使ってる塗料はすべてクレオスのMr.カラー(ラッカー系)ですが
空気が乾燥していると、烏口に含ませた塗料がすぐ乾いてしまって
なかなか線が引けない時は、リターダシンナーを少し入れると良いです^^。

入れすぎると塗料が流れすぎて失敗する事が有りますので注意。




DH-2_2_04.jpg

外側から内に向かって描いていきます。
最後に中心のコンパスの針の穴は
500番ぐらいのパテをちょこんと付けて、
何かの細い丸棒の先端で、ならすように押しつぶして埋めます。




DH-2_2_05.jpg

使った色はMr.COLORの半光沢のキャラクターブルー(110)、
キャラクターレッド(108)、キャラクターホワイト(107)です。
ついでに機体の基本塗装は上面、半光沢のグリーンFS34079(309)、
下面、半光沢のセールカラー(45)です。




DH-2_2_06.jpg

色を塗るときは下地の色が溶け出さないよう
筆でこすりつけず、たっぷり目に含ませた塗料を
乗せていくような感じで塗りつぶしていきます。

色によってツヤの出方が多少違っても、最後に
全面に仕上げ用のクリヤーをかけて揃えるので、
気にしないで良いです^^。





DH-2_2_07.jpg

胴体の小さなラウンデル。
あまり小さな円だと烏口コンパスで描くのは辛いです。




DH-2_2_08.jpg

このキットの難関が下翼と上翼との接合ですが
支柱が全部、1本づつバラバラになっているので
前後、左右、ねじれが出ないよう気をつけないといけません。

とりあえず、胴体部と上翼との支柱をまず組み付けてみます。
あり合わせの半透明な塩ビの板を利用して治具を作ります。
上翼の支柱穴位置と同じに開けた穴に仮に合わせて
支柱を胴体に接着します。

ここを基準として、各翼間支柱をはめ込んでいきますので
正確に図面を見ながら方向性をそろえます。





DH-2_2_09.jpg

上翼を接着しました。




DH-2_2_10.jpg

尾翼部の組立がまた、あいまいな作りで
そのままだと、方向舵に下部フレームバーが付くような
感じでおかしいので、適当な破材のプラ板を付け加えて
組み付けます。




DH-2_2_11.jpg

主翼部と尾翼部を付けます。




DH-2_2_12.jpg

ここまで出来ました^^。
後は脚部とか張り線ですか。
と、簡単に言いますが、この張り線が又、難儀なことです^^;。
(次回に続くでしょうか?)

スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

toragoro

Author:toragoro
趣味のプラモデル作りの徒然日記です^^。 下手で、ものぐさで、あまり作らないお気楽マニアですが 興味だけは失わず長くやっています。 どうぞ宜しくお願い致します^^。

最新記事
BLOG RANKING
押していただけると励みになります^^
人気ブログランキングへ
ブログランキング【くつろぐ】 にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あし@
Myブログリンク
toragoroのサブブログです


友達リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。