スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

零戦52型 1/72 ハセガワ(2回目)

01 image34505

零戦のできあがりです。

マーキングは赤松貞明中尉機を選びましたが
特にこの人が好きというわけでもなく^^;
プラモデルキットの塗装例でよく見るのと、厚木基地にいたというだけw。

生涯飛行時間6000時間、生涯撃墜数350機(実際は27機という記録)と自ら豪語
どこまでホントで嘘なのかわからない^^;。
ハチャメチャな言、行動でエピソードや伝説にはいとまが無いほどで
酒が好きで酔いつぶれながらも、敵機来襲時には飛行機に飛び乗り、

P51ムスタング75機という大編隊の中に単独1機で突っ込み
相手側1機を撃墜している(米軍の記録にも残っているそうです)
一撃離脱を得意として、長い戦歴のわりは生涯一度の負傷も無かった
稀有な人ですね^^。

デカールは無いので(1/72でも過去に赤松機仕様のが出たらしいが)
簡単なものを自作しました。





02 image1478220

今回は時間が無いので、簡単に手書きです
方眼紙に下書きするとやりやすいです。
これをトレスペーパーに写し、裏に鉛筆をゴシゴシ塗り
既存のデカールの空いてるスペースに転写します。

平面上で描くので、直接機体に描くよりは、やり易いでしょう^^
エナメル系の色で塗ったのち、水性のマットクリヤーでコートして、
後は通常のデカールと同じ扱いです。

赤松中尉機の零戦は52型甲ということですが
厚木には甲型が来なかったという説も有ります。




03 image9869853

とりあえず先の雷電と零戦ができたので
画像ソフトを使って完成機と実景の合成写真を作ってみることにしました。
まず、背景になる地元の厚木基地の取り込みをします^^。

基地祭で背景にできるような物を撮ってきました。
これはパノラマ写真で三脚にカメラをすえて、そのままカメラだけを
回転させて数枚撮り、デジカメ付属のつなぎ合わせソフトで
加工したものです。正確なものでは無く、食い違いとか出ますが
なんとか使えました。




04 image505427

今の厚木基地は米軍と海上自衛隊が共同で使っていますが
自衛隊の方は対潜哨戒や救難部隊、輸送と地味なもんですね。

昔の厚木302航空隊は首都圏防衛のかなめで
零戦、雷電の戦闘機や夜戦型の彗星、月光
他に銀河や彩雲の隊があったそうです。

司令の小園大佐は斜銃の考案者といわれてますが
有名なのは月光隊の撃墜王、遠藤大尉がいました。





05 image1669879

完成機とフィギュアを配置して元の写真を撮ります。
フィギュアはハセガワの1/72パイロットクルーズのキットから。




06 image2184620

これをレタッチソフトを使ってバックを消しゴムツールで
消してしまいます(マジック消しゴムツールとかいう
自動で認識して一括消えるコマンドあります)その通りに
いきませんがw。




07 image6996054

これをコピーして先ほどのパノラマで撮った厚木基地の
背景にペーストします。背景と飛行機の2枚のレイヤーだけです。
位置はドラッグして、大きさは自由に拡大縮小できるので
できるだけ、自然に見えるように配置します。




08 image2654097

必要な物だけ残して他を抜くのに
自動ツールだけで判別できない場合は、部分的に手動で
コツコツと消していくしかないです^^;




09 image9558638

やはり採光とか色調とか不自然なところが有ります。
自然光の背景には自然光でプラモデルを撮ったほうが
良かったのかも知れませんね^^;。
初めてやったものなので、次回はもう少し考えてやります。
次回があるかどうか解かりませんが^^。




10 image9074094

赤松中尉も有名ですが、もう一人印象的だった人がいます。
戦闘機隊長兼零戦分隊長の森岡寛大尉です。
彼は空戦時に左手首を被弾し失っています。

それでも飛行機乗りを止めず、義手を付けて
最後まで任務をまっとうしました。
東京大空襲で一晩で10万人もの一般人死者が出る、そんな状況下に
いてもたってもいられなかったのでしょうね。

最後の出撃は昭和20年8月15日、午前7時
森岡は義手をつけ、残っていた零戦8機、雷電4機で離陸。
木更津上空でグラマンF6Fと空戦、森岡はそのうち1機を
撃墜したが、零戦1機、雷電2機を失っています。

その日の正午には天皇の放送があり無条件降伏が決まりました。
厚木基地司令の小園大佐はこれに承服せず
最後まで徹底抗戦を叫び指示に従いませんでした。
これが世に言う厚木基地の反乱です。

しかし、1週間後には説得され無血で降伏に従いました。
米軍により隊員達の目の前で零戦や雷電が次々と
プロペラを外されスクラップ処理されたといいます。

今でも厚木基地の地下にはたくさんの日本機が埋められている
という噂がありますが、昭和21年に上空から撮った厚木基地の
写真には小型輸送機や練習機らが隅のほうにゴミのように
山と積まれているのがわかりました。

自分の作った写真は今では、日米共同で使用の厚木基地で
タイムスリップした雷電や零戦が米兵と仲直り?している
というイメージで作りましたが、どうでしょうね??。

























































スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

toragoro

Author:toragoro
趣味のプラモデル作りの徒然日記です^^。 下手で、ものぐさで、あまり作らないお気楽マニアですが 興味だけは失わず長くやっています。 どうぞ宜しくお願い致します^^。

最新記事
BLOG RANKING
押していただけると励みになります^^
人気ブログランキングへ
ブログランキング【くつろぐ】 にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あし@
Myブログリンク
toragoroのサブブログです


友達リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。